投資

【投資日報】3/4 日本株式の動き:原発攻撃の誤報で大崩れ。

3/4 市場概況

日経平均は下落。マザーズは下落。

10日間の指数の動き

予想

月日 2/28 3/1 3/2 3/3 3/4 3/5
曜日
 イベント
東京マザーズ予想 ⤴︎ ⤴︎ ⤵︎ ⤵︎
結果マザーズ ⤴︎ ⤵︎ ⤵︎
イベント
NYナスダック予想 ⤴︎ ⤵︎
NYナスダック ⤴︎ ⤴︎ ⤵︎ ⤵︎ ⤵︎

3/10(木)日経225先物、topix先物、マザーズ指数先物オプション日

明日の取引

原発攻撃が本当に起こればウクライナには人は住めなくなります。当然、近くから攻撃した人は被曝します。

ニュース10選

世界

市場

不透明感を嫌う米株式市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が今月の連邦公開市場委員会(FOMC)で25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の利上げを支持する方向だと言明したことを好感し、この日は着実に上昇。

コロナ

 

米国

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、上院銀行住宅都市委員会の公聴会で証言。「ウクライナへの侵攻が始まる前に想定していた計画に沿って、今後も政策を進めていくのが適切になる」と表明。

EU、英国

欧州連合(EU)はロシアを世界貿易機関(WTO)での最恵国待遇の適用から外すことを検討している。そうなればロシアから域内への950億ユーロ(約12兆1300億円)相当の輸出は、関税でさらに打撃を受ける可能性がある。

ウクライナ、ロシア

ウクライナはロシアと2回目の交渉を行い、今後の協議継続に合意したと、大統領府顧問が明らかにした。

日本

 

中国

 

EV

 

仮想通貨/NFT/メタバース

 

環境

 

飲食/旅行

 

半導体

 

石油、ガス、エネルギー

ロシアのウクライナ侵攻を受け、希少資源の調達懸念が世界規模で強まってきた。半導体製造に不可欠なネオンの7割をウクライナに、自動車の主要部品に使うパラジウムの4割をロシアに依存するなど両国産の希少資源が多いためだ。